FC2ブログ

債務整理については【司法書士法人はたの法務事務所】へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

即日キャッシングのクレディア

即日キャッシングのクレディア。

静岡県に本社を置く消費者金融会社でしたが、
2007年9月14日に東京地裁に民事再生法の適用を申請したことが
ニュースになりました。

原因は、一連の過払い利息の返還請求が急増したことだと言われています。

改正貸金業法の成立後、東京証券取引所に上場する消費者金融の破綻は初めてと、
歴史に残る破綻劇となりましたね。

営業は今後も継続しますが、クレディアは上場企業。
株はどうなるの?
ということが気になる点ではありましたが、
東証はクレディア株を07年10月15日に上場廃止にすると発表し、同日付で
上場廃止処理を行いました。


◆クレディアで借り入れをしている人はどうなる??

1.クレディアから借り入れのあった人

民事再生は事業を継続しつつ,債務を整理する手続のため,
クレディアも当面は事業を継続することになります。

そのため,クレディアに対して借入を行っている方は,従来通り返済を継続することになります。
民事再生を申し立てたからといって、自分のクレディアからの借金が
帳消しになるわけではありませんので、油断しないようにしてください。


ただし、経営が破綻しているため、クレディアから新たな借入は
困難になると考えられます。


2.クレディアと5年間以上のお取引がある方へ

クレディアから長期にわたって借入を継続している場合(一般的には5~7年間以上)は
法律で認められている金利に引き直して計算すると、
過払い金が発生している場合があります。

過払い金が出た場合はクレディアに対して返還請求を行うことができるのですが、
この過払い金がどのような取扱いになるのかが現在問題となっています。


法律上は,過払い金返還債権を優先債権とする規定がなく、
通常通りに処理がなされるとすれば,過払い金返還債権は再生手続により、
大幅に金額がカットされてしまいます。

現時点でいかなる取扱いがなされるかは不明ですが、
過払い金も「クレディアに対する債権」として
カット対象となる可能性が高い状況です。


◆クレディア相談センターがありますので、利用するのも手です。

アディーレ法律事務所では、これまで8,000件を超える債務整理で培ったノウハウを
最大限に活かして,クレディアの民事再生申立により,多重債務者が不測の不利益を
被ることを可及的に防止すべく,通常の債務整理相談に加えて,
『クレディア相談センター』を設置しています。


もしクレディアと取引をしていて、「どうしよう」
と思った方はアディーレ法律事務所に相談してみるのがよいでしょう。

もちろん通常の債務整理相談と同様に、相談は何度でも一切無料です。
相談は無料というのが嬉しいですね。

来所のほか,電話(フリーダイヤル),メール,ファックスでも相談を
受付しています。
アディーレ法律事務所は東京は池袋、サンシャイン60内に事務所があるのですが、
なかなか簡単には行けないという方も多いでしょう。

そういった場合は、電話やメール、FAXを活用することで相談を受けることが
できますから、ぜひ活用してみてください。

尚、アディーレ法律相談所への相談は,午前9時から午後10時まで,
土日祝祭日も実施しています。

平日は仕事で忙しいという方にも助かりますね!

アディーレ法律事務所 クレディアに関するページはコチラ
関連記事

テーマ : 消費者金融
ジャンル : ファイナンス

カテゴリー
最近の記事
リンク
ランキング

ブログランキング
ブログランキング
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。